So-net無料ブログ作成
検索選択

愛は遺産を救う? [ハスラー90]

さて、ウチのブログでも何度か登場のS君。


今度はハスラー90を買いました。


初めて見せてくれた時も、それなりにキレイで状態も良さそうでした。


しかし、コダワリ屋さんのS君は不満気・・・・。


ペイントの剥がれ・ちょっとした錆・ちょっとしたオイル滲み・・・・・


再メッキにフレームペイント・バフがけ・・・・・


エンジンもついでにお色直し。

href="/_images/blog/_bef/soenoshoukai/E3838FE382B9E383A9E383BCE382A8E383B3E382B8E383B33.JPG" target="_blank">ハスラーエンジン3.JPG
クランクケースはシルバーでシリンダーはマッドブラック。


当然腰上はバラしました。


その時、見つけてしまいました!!


CA3I0764.JPG

CA3I0763.JPG

さらに・・・・・

CA3I0765.JPG

CA3I0768.JPG

ピストンピン部にもクラックが・・・・・。


正直ここまでは初めてです。


ということは、当然シリンダーも・・・・。


が!!画像どこか行っちゃいました・・・・。


まぁ、想像どおりです。


年式から考えれば無理もないんですが・・・




旧車乗りのカガミのS君。


幸いピストンは新品で在庫済み!!


・・・が、STDサイズ・・・・。


シリンダーはボーリングが必要なので、STDは使えませんからO/Sピストンを探します。


無しっ!!


何処にも無しっ!!


んんん・・・。


スリーブ製作ですね。


加工は内燃機の老舗”井上ボーリング”さん


CA3I0747.JPG
CA3I0745.JPG


さすがの仕上がりです。


2ストの場合、4ストの単純なスリーブと違い吸・排気ポートがあります。


その為加工代も4ストよりは高価になりますが、背に腹は代えられません・・・・。


CA3I0757.JPG
CA3I0760.JPG
CA3I0759.JPG


思わぬところでだいぶ費用がかかり、当初予定していた前後リム&スポーク交換はできませんでしたが、


エンジン終わってたら、それどころではありませんので、


結果オーライだったんではないでしょうか!


っていうか、スポークとか今でも十分綺麗だと思うけど・・・・。



惜しみない愛情を注ぐことで、貴重な遺産を救ったS君。


CA3I0769.JPG

これからも大事に乗り続けてね!!





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク